安心・安全への取り組み

プライバシーマーク制度

プライバシーマーク制度とは

プライバシーマーク制度は、日本工業規格JIS Q 15001「個人情報保護マネジメントシステムの要求事項」に適合し個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。
平成17年4月1日から民間事業者を対象とした「個人情報の保護に関する法律」が施行されましたが、プライバシーマーク制度は法律の規定を包含するJIS Q 15001に基づいて第三者が客観的に評価する制度であることから、事業者にとっては法律の適合性は勿論のこと、自主的により高い保護レベルのマネジメントシステムを確立していることをアピールする有効なツールとして活用することができます。
従って、プライバシーマークは、パンフレット、名刺など事業者の様々な事業活動の場で使用することができ、消費者からの信頼、他社との差別化、競争力アップに大きく寄与する貢献することができます。

image